お知らせ

新聞記事掲載 12/17

先日のセミナーの様子が建通新聞にて記事になりました。

エアーヒル建通新聞

 

 

12/13(金)セミナー開催報告 

先日開催したセミナーの開催報告です。
参加者の7割以上が建築士の先生方でした。

エアーヒルセミナー2013

〜エアーヒル本体の展示〜

 

エアーヒル本体および付属部品の展示を行いました。

セミナー開始時よりエアーヒル本体の電源を入れ稼働させていましたが、稼働していることが分からないくらい静かです。

エアーヒルではわずか24dbの音しか発生させない特殊な機構を開発しました。

24dbといってもなかなかピンとこないですが、『緑のささやき』くらいの音です。

また、フィルターも実際に手にとってまた、組立前のものを展示することで、

半年間メンテナンスが入らないサイズを実感頂けたかと思います。

 

〜換気と結露と断熱と住宅とエアーヒルの話〜

地中熱セミナー

エアーヒルは、住宅に下記のような付加価値をつけることができる地中熱利用24時間換気システムです。

『より快適な住宅』 ・・・掃除の手間も軽減。気持ちのいい暮らし

『長く住める住宅』・・・結露しない、カビが発生しないノウハウ。

『健康な住宅』・・・ 急激な温度差によるヒートショックを防ぐ。

『空気のおいしい住宅』・・・汚い空気を確実に排気し、きれいな空気を供給

『省エネルギー住宅』・・・高効率なエネルギー回収を実現。

 

その効果を最大限に発揮するためには住宅のことも少し気にしてください。

今回のセミナーでは、換気とは何か? なぜ結露をするのか?

地中熱とはどんなエネルギーなのか?

換気で失うエネルギーの回収方法は?

そして、エアーヒルではどのようにこれらの問題を解決しているか?

など、物理の側面から、その答えを説明させていただきました。

 

 

建通新聞にてセミナー告知していただきました。

建築に関する様々な情報を発信する「建通新聞」さんにセミナー告知の記事を掲載していただきました。

新規ビットマップ イメージ

 12/13(金)の空気環境セミナーでは、住宅の空気環境・温度環境を物理の側面からお話しします。

 結露の話

  健康で長生きするための家づくり

  高気密高断熱が標準的な住宅になる2020年に向け、今から対策をしたい方、大歓迎です。

 

 12/7現在、お席にまだ若干の空きがございます。

 皆様お気軽にお問い合わせ・お申込み下さい。

  

 詳しくは下記リンク先のトピックスをご覧ください。

 12/13空気環境セミナーのご案内

 

 

 

施工事例更新しました。

エアーヒルの施工事例を追加・更新いたしました。

 

全国で続々とエアーヒルのオーナーさんが誕生しています。

『エアーヒル』はモダンな建築家さん設計の家でも、北欧スタイルの輸入住宅でも、

地域密着の工務店さんでも、自然素材をふんだんに使った住宅でも、

建物の仕様によってはハウスメーカーさんでも取り付けることが出来ます。

 

エアーヒルの設置された住宅は外壁に24時間換気の換気口や吸気口がないので、外観がすっきりするのも特徴です。

エアーヒル換気口
 

たくさんのお家を紹介させていただければと思いますので、皆様是非エアーヒル設置物件のお写真を送付ください。

 

 
施工事例へはこちらからどうぞ